子どもの片づけ☆収納する場所を決める際のポイント

片付けアイディア

石川県金沢市
整理収納アドバイザー 田中由美子です。

子どもにとって「片づける」とは
元の場所に戻すこと。
プラス、子どもの性格にあわせることが大切です。

⇧お子さまのモノを収納する場所を決める際のポイントです。

我が家では毎朝、子どもたちはリビングで着替えをしています。

パジャマを脱いでから制服に着替え終わるまでの一連の動作を
一か所でできるようにするため
学用品BOX(制服置き場)の隣にパジャマを脱ぐカゴを置く。
という工夫をしています。

それ以来、ほとんどパジャマが床置きされることはなかったのですが
ある朝、長男くんのパジャマが床に脱ぎっぱなしになっていました。

「パジャマがカゴに入ってないよ。」と長男くんに伝えたら
「だって、いつもの場所になかったもん。」と返事が返ってきました。

そう、2メートルほど離れた場所にカゴが移動していたのです。

その時は、深く考えずに
「そうだったね。」とカゴを学用品BOXの横に戻したのですが…

帰宅後、長男くんに尋ねてみました。
「なんで、いつもの場所にカゴがなかったらパジャマが片づけられへんの?」
「だって遠いから。」

直線距離にして2メートル。
パジャマを脱ぐその場所にカゴがないと
パジャマが脱ぎっぱなしになるんだ…。

ある意味、衝撃的でしたが
我が子は片づけない子どもの典型的な例。

もう一度お伝えします。
子どもにとって「片づける」とは

元の場所に戻すこと。
プラス、子どもの性格にあわせることが大切。

我が子の場合、遠く離れているところより近いところ。
「パジャマを脱ぐ場所」にカゴを置く。

やっぱり、長男くんのモノの収納場所は「遠くない」が一番なんだな…
と勉強になりました。

家族も自分もラクになるお片付け
一緒に見つけませんか?

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。